goo Search Solutiongoo Search Solution

4.ECサイトにおける検索スピードについて

前回は、ECサイトにおける検索機能についてコラムを書かせて頂きました。
第4回目となる今回はECサイトにおける検索スピードの重要性について述べていきます。

ECサイトに限らずWEBサイトを閲覧する際に、サイトのページ表示スピードが遅くてイライラした経験はないでしょうか。
イライラするだけでなく、あまりに表示スピードが遅くてサイトを離脱した経験のある方も多いかと思います。
インターネットユーザにとってページが表示するまでに待たされることは、この上なく苦痛です。

見たい情報・買いたい商品がそのサイトにしかないのであれば、ユーザは待ち続けるかもしれません。
しかし、多くの場合、他のサイトにも情報や商品はあります。
遅いサイトの場合、ユーザはページが表示されるまで待ってくれることは少なく、ユーザの多くは他のサイトへ移ってしまいます。
つまり、表示スピードが遅いサイトは、競合サイトにユーザを奪われることになります。

このようにECサイトにとって検索スピードは極めて重要であり、検索スピードが遅いことは機会損失をするだけでなく、場合によっては死活問題にも繋がりかねないと言えます。

では、統計データを元に具体的な数字を挙げながら、検索スピードの重要性をご説明します。
参考にしたデータはCDNetworks社発表のレポート「3 REASONS WHY IMPROVING ECOMMERCE WEBSITE SPEED IS A MUST」です。

「3 Reasons Why Improving Ecommerce Website Speed is a Must | CDNetworks」

レポートでは、ECサイトの検索スピードに関して、3つの重要性が挙げられています。

1)ページの読み込み時間(=ページ表示スピード)を3秒減らすことは7-12%の売上アップに繋がる
(Reducing load time by 3 seconds increases revenue by 7-12%)

a

2)1日の売上が10万ドルあるECサイトの場合、ページ表示スピードが1秒遅れるだけで年間250万ドルの損失が生じる
(If an e-commerce site is making $100,000 per day, a 1 second delay in the average site load time could potentially cost the site owner $2.5 million in annual lost sales)

b

3)ページ表示に3秒以上かかるサイトは、1秒でページを表示するサイトに比べて、コンバージョン率(注文率)が22%少ない。
(A site that loads in 3 seconds or more yields 22% fewer conversions than a site that loads in one second)

c

いかがでしょうか?
上記のような具体的データを見ると、ECサイトにとっての表示スピードの重要性を改めて痛感することと思います。
逆の言い方をすれば、検索スピードが遅いECサイトは検索スピードを改善さえすれば、それだけで売上アップが見込めるということです。

もし、貴社ECサイトの検索スピードが遅いようであれば、至急改善を検討してみてください。

堀川 治 (ほりかわおさむ)

株式会社サンクユーの代表取締役。関西大学経済学部卒。
サンクユーは、3C分析・ペルソナ分析による、売れるECサイト構築を得意するWEB制作会社。
自身は10年の業務系システム開発の経験を持つ。
その為、3C分析・ペルソナ分析に基づいたフロント機能の提案と、
業務システム経験に基づいたバックエンド機能の提案ができることを強みとしている。
また、ECサイトだけでなくB2Bサイトの制作も手掛け、
EC-CUBE DAY 2014では、サンクユーが制作したB2Bサイトが2万サイトから優秀サイトに選出された。

<株式会社サンクユー>
https://www.thank-u.net/

お問い合わせ

goo search solutionに関するお問い合わせはこちらから