製品・機能

導入事例

導入事例

BtoB向けEC、アプリ、デジタルコンテンツ配信事業者まで、幅広くご利用いただいています。

人気のインタビュー

ケーススタディ

お問い合わせ

EC関連ニュース

2022.05.23

2022年5月9日週のEC関連ニュース

3月決算を終えた各企業の業績に関するニュースが数多く見られました。コロナ禍で急速に進んだeコマースビジネスも、「withコロナ」の暮らしが進む中でよりリアル店舗との共生、競合サービスとの差別化など自社サービスを踏まえた上での新たな施策が求められているようです。USP(商品やサービスが持っている独自の強み)を最大化する上でマーケティングが担う役割も、より大きくなることが予想されます。

D2C企業の約2割が「LTVが向上できていない」ことを経営課題と認識、取り組みたいのは「パーソナライズされたコミュニケーション」「ブランド世界観の統一」

引用元:ECのミカタ

消費者はD2Cブランドに対し「統一された世界観」や「自分のことをわかってくれているという感覚」を求めていることから、部分最適ではなく、あらゆる顧客接点において統一されたブランドの世界観を発信していくことが重要とされているそうです。

楽天、第1四半期の国内EC流通総額は10%増の1.3兆円 2030年に全体の利益率20%超に

カタログ通販準大手のスクロールが2025年3月期を最終年度とした3か年の中期経営計画を策定。具体的には①通販事業セグメントにおけるソリューションベンダービジネスの売上拡大②ソリューション事業セグメントの収益拡大③eコマース事業の収益率向上をあげているそうです。

少子高齢化、気候変動、生活様式の変化にどう対応する?スクロールが「100年続く企業」などを掲げた中期経営計画まとめ

カタログ通販準大手のスクロールが2025年3月期を最終年度とした3か年の中期経営計画を策定。具体的には①通販事業セグメントにおけるソリューションベンダービジネスの売上拡大②ソリューション事業セグメントの収益拡大③eコマース事業の収益率向上をあげているそうです。

Yahoo!ショッピングで評価される商品は?他社類似製品との違いは?【ヤフー・データソリューション調査】

引用元:ECのミカタ

「Yahoo!ショッピング」のレビューでは、星1~5までの評価をつけられるため、それぞれのレビューコメントを分析した結果、良いレビューではどんな点が評価されたのか、良くないレビューではどんな点が不満だったのか、よりはっきりとわかる結果が得られるそうです。

ZOZOの商品取扱高は5088億円で21%増。PayPayモール店は438億円【2022年3月期】

「ZOZOTOWN事業」が前期9.6%増の3916億4000万円。内訳は受託販売が前期9.1%増の3749億6000万円、買取/製造販売が前期83.9%増の32億3000万円、USED販売が前期15.7%増の134億4000万円だそうです。

【Shopify】2021年に世界経済へ与えたインパクトを公表 日本で7243億円の経済効果と5万人(44%増)の雇用を創出

引用元:ECのミカタ

2021年に世界で500万人の雇用創出および4440億ドル(約48.7兆円)の経済効果に貢献し、日本においては5万人以上の雇用創出と66億ドル(約7243憶円)の経済効果に貢献したそうです。

ワークマン、コーセー、カルビーなどが使うレビュー最適化ツール「ReviCo」が導入実績100サイトを突破

さまざまなレビューを集めるための施策・機能が自動追加されるクラウド型のレビュー最適化ツール「ReviCo」。その特徴はECサイトにタグを埋め込むだけですぐ導入できる手軽さと、自動でバージョンアップされるため日々の運用負担が軽減できる点だそうです。

ソニー×JECCICA、ECサイトの売上アップ実践講座正式スタート 動画講座やサイト分析代行など提供

引用元:ECzine

講座では、さまざまなコンテンツを通して、ソニーペイメントサービスの加盟店のECサイト改善をサポート。無料で提供する「動画講座」「チェックリスト」のほか、有料プランでは、ウェブフォームやウェブ会議ツールより悩みを受け付け、ECコンサルタントがアドバイスするなど、サイト分析をプロが代行するメニューもあるそうです。

Z世代の4人に1人が決済手段に「Paypay」を利用、4割超が「楽天ポイント」「Tポイント」を貯めていることも判明

引用元:ECのミカタ

Z世代の買い物時の決済方法は「現金」が66.5%、次いで「クレジットカード」が39.5%。ポイントに関しては、「楽天ポイント」「Tポイント」は40%を超える割合で貯められており、「dポイント」「Pontaポイント」も30%を超えていたそうです。

専門学校がECに精通した人材を育成!ファッションテック科を開講する青山ファッションカレッジの試みとは

青山ファッションカレッジは、ファッション領域とIT領域の双方を幅広く理解し、次世代のアパレル業界を担う即戦力人材を育成するファッションテック科を2023年4月に開講。ファッション業界・社会全体のビジネス環境の変化を踏まえ、即戦力となるデジタルネイティブなファッション人材の育成をめざすそうです。

【調査結果】父の日に毎年プレゼントをあげているのは4割超、人気のプレゼントはパジャマやお酒など

引用元:ECのミカタ

0代〜50代以上の男女100人に「父の日のプレゼント」をテーマにアンケート調査を実施したところ、父の日に毎年プレゼントを渡しているのは4割超。パジャマや靴下などの衣服類、お酒とつまみのセット、タブレット、ゴルフグッズ、モノより食事など、だったそうです。