goo Search Solutiongoo Search Solution

EC関連ニュース

2021年1月4日週のEC関連ニュース
2021年のスタートも引き続き新型コロナに関連したニュースが数多く見られました。業種別の違いは見られるものの、ECに関して、需要と共有の両者にインフラ面、マインド面でも大きな変化があったことに違いは無いようです。2021年もどのような新サービスや新機能が誕生するのか期待したい一年になりそうです。
2020年12月14日週のEC関連ニュース
新型コロナウィルスが席巻した2020年。世界中が変化を求められる中で、EC業界にとっても激変の一年になった。外的な要因とはいえ、より消費行動のEC化が進んでおり、今後もその動きは加速すると見込まれています。好機をいかに成長に繋げていけるかECサービス運営企業にとって、2021年も勝負の年になりそうです。
2020年12月07日週のEC関連ニュース
WWDによると、2020年の日本では女性の2人に1人が50歳以上となり、ミレニアル世代ほどのリテラシーはないものの、無視できない大きなマーケットになりつつある。一方で、Shopifyのレポートでは「若い消費者がビジネス環境を変える」と報告されている。二者択一する必要はないが、どの市場にどのような商品をどうプロモーションしていくか、EC事業各社の事業方針がより求められそうです。
2020年11月30日週のEC関連ニュース
アイスタイルが運営する「アットコスメ」では、口コミ数が前年より30%も増加したという。コロナ禍で生活スタイルが一変したことにより、EC需要が高まったことで、よりユーザーもECを身近に感じた結果でもあるようだ。ECサイトを訪れたユーザーがより購買意欲が高まる、コンテンツ、試作などナーチャリングもより重要になってきそうだ。
2020年11月23日週のEC関連ニュース
EC業界にとって大きな変化があった2020年も年末を迎え、この一年を振り返るレポートの発表が目立つようになり始めました。「楽天ヒット番付2020」「Yahoo!ショッピング2020年間売上ランキング」「SMBCヒット番付」「Yahoo!検索大賞2020」。デジタル化が急激に進む中で、売れる商品の傾向を読み解くヒントが隠れているかもしれません。
2020年11月16日週のEC関連ニュース
「ファンであるブランドの商品をオンラインで購入する際の行動」調査で、直販を選ぶと回答した人が55.9%との調査結果が発表になった。調査報告の中で、メーカー直販の改善点として「交換返品が面倒」「発送時など、タイミングごとにこまめに連絡が欲しい」などが挙げられていた。ブランドファンならではのネガティブな指摘ではあるが、同時にこれらの指摘はショッピングモール系サイトに対抗する重要な改善点として考えるべきヒントかも知れない。
2020年11月09日週のEC関連ニュース
コロナ禍で、各企業のEC事業における売上が好調だ。一時、大きく落ち込んでいたZOZOも売上高、株価ともに復調の兆しだ。また、InstagramとPinterestはアップデートにより、EC促進ツールとして新たなニーズの取り込みを積極的に行っている。EC事業の好調さは商品を扱うメーカーだけでなく、他サービスでも注力事業になりつつある。
2020年11月02日週のEC関連ニュース
コロナ禍で好調の通販だけでなく、実店舗のスタイルにも変化がみられる。単に商品を購入できる箱としての店舗ではなく、よりブランド価値を高めECにも相乗効果を期待できる施設が求められている。12月に新設するフラッグシップストア「Maison KOSÉ」のような新しい形式の店舗が今後も増えていきそうだ。
2020年10月19日週のEC関連ニュース
物販だけでなく、より実店舗での売り上げが柱であった外食チェーンにおいて、EC販売好調のニュースに目が留まった。お店と変わらない味が自宅でも楽しめ、これまで以上に選択肢が増えた好機だと考えられる。EC=「衣」が中心のイメージから「食」や「住」に至るまで、より消費を楽しめる時代になったと言えそうだ。
2020年10月26日週のEC関連ニュース
ネットを利用した購入時刻に変化がみられるそうです。コロナ禍により在宅勤務の人が増加。これまで多かった帰宅後の夜にネット購入していた消費行動から、在宅で人目を気にしなくなったことで、日中でもネット購入が増えているという。プロモーションの施策も、変化への敏感な対応が重要となりそうだ。