製品・機能

導入事例

導入事例

BtoB向けEC、アプリ、デジタルコンテンツ配信事業者まで、幅広くご利用いただいています。

人気のインタビュー

ケーススタディ

お問い合わせ

EC関連ニュース

2022年11月14日週のEC関連ニュース
11月第4木曜日の翌日にあたる日を指す「ブラックフライデー」。日本でも2016年頃から大手ショッピングモールなどで導入され、今やすっかり定着。購入する“きっかけ”を上手く消費者に提供し、さらにそそるための演出することが大切と感じる「ブラックフライデー」。好機を自らつくり、商機に繋げていくことが重要です。
2022年11月7日週のEC関連ニュース
EC事業においても大きな影響を受けている、円高や商品原価高騰などの経済状況。さまざまな対策を各社が取るなかで、取り扱い商材の特徴や、顧客との関係性強化などが引き続き求められています。また、日本の商品が海外から買いやすい状況下で、盛んになる越境ECにも関心が高まります。
2022年10月31日週のEC関連ニュース
「SHIBUYA109 lab.」の調査にあるように、多岐に及ぶチャネルから、大量の情報を日々浴びて生活を送るZ世代。デジタルネイティブな彼らの消費行動は、SNSなど特定の情報に偏るのではなく、多様な情報を組み合わせ、商品の認知、検討、購入するのが、その特徴だそう。商品を販売する側としては、多角的で多種な戦略が求められるため、より的確なマーケティングが求められそうです。
2022年10月24日週のEC関連ニュース
接客のスペシャリストによる「JUNチャットサービス」。現在、多くのサイトで利用されているチャットボットだが、利用者からは、回答精度の低さ、回答内容の古さなど多くの課題があるのも事実。“接客のスペシャリスト”レベルでのチャットボットの開発がいつになるのか期待したいところです。
2022年10月17日週のEC関連ニュース
大阪・心斎橋に期間限定店をオープンさせた「SHEIN(シーシン)」。リブランディングから7年間で世界売上高がユニクロ超えとも囁かれるブランドでも、路面店を期間限定とはいえ設置することは、アパレルECの最大課題「消費者が実商品に触れること」の有効手段と考えている証。返品対応や期間限定店など、今後も企業のさまざまな取り組みにも注目です。
2022年10月10日週のEC関連ニュース
「統合」をキーワードにしたリニューアルが阪急百貨店とヤフーでそれぞれ行われた。同じ企業グループ内でのサービス統一は、顧客も人員も集約できる企業側はもちろん、お得感に期待するユーザー側にも大きなメリットがあると言えそうです。今後も進むであろう同グループ企業内でのEC統合に注目です。
2022年10月3日週のEC関連ニュース
博報堂買物研究所は発表した「ブランドパーパスと買物行動」の調査。「パーパス買い」するユーザーは、年間購入額も高く、またサイト利用の継続性も非常に高い傾向にあります。現在は、これまでの「機能&情緒価値」から「パーパスの共感」への過渡期であり、そのための分析や施策がより重要となることは間違いないはずです。
2022年9月26日週のEC関連ニュース
Googleが7月に発表した2024年後半サードパーティCookieのサポート完全終了。それ以降にGoogleが採用するのではと見込まれているのが、「プライバシー・サンドボックス」と「コンテキスト広告」。Cookie廃止以降の各企業による広告施策が不確定な段階ではあるものの、残りあと2年、しっかりとした対策の準備は進めていきたいものです。
2022年9月19日週のEC関連ニュース
ECサイトの新設、リニューアルが話題になったEC業界。中でも注目は、横編機大手企業の島精機製作所が展開するオンラインストア「ブルーニットストア(BLUEKNIT STORE)」。潮流でもあるサステナブルであることと、自社の強みを生かした必然性の高いオンラインショップだ。今後も同じような、時勢と強みを捉えたサイトが立ち上がるのか楽しみです。
2022年9月12日週のEC関連ニュース
消費者の生活の細部にまですっかり浸透しつつあるSDGsの認識はネットショッピングにおいても、「安くて手軽に購入したい」意識から「より人権、経済・社会、地球環境に配慮したネットショッピング」へ着実に移行しています。EC事業者もその流れ理解し、行動することがよりファン獲得の条件として商品者に求められ始めています。