goo Search Solutiongoo Search Solution

EC関連ニュース

2019年11月5日週のEC関連ニュース
「世界で最も価値のある日本ブランドランキング2020」の10位以内には、メーカーや通信会社が目立ったものの、日本市場では小売ブランドが台頭しているそうです。その証拠に、小売およびアパレルカテゴリーでは、ランキングトップ50にカテゴリー別最多の13ブランドがランクイン。ファッション通販サイトのZOZOTOWNは16位で45億ドル、フリマアプリのメルカリは47位で、7億6,100万ドルだったそうです。
2019年10月28日週のEC関連ニュース
ディオール、コーセー、ワールド、ベイクルーズなど、実店舗として売り上げを伸ばしてきた企業のウェブ販売、ウェブソリューションが目立つニュースが際立った印象。どこまで劇的にサービス転換を図れるか、企業としての柔軟性、先見性が問われることになりそうです。
2019年10月21日週のEC関連ニュース
クックパッドが運営する「クックパッドマート」で特定のマンションへの宅配サービスがスタートになった。個別宅配ではなく、複数のお客様の商品を受け取り場所(マートステーション)へ共同配送する仕組みで配送効率を高めることが目的の一つだそうだが、それ以外にも、すでにマンションという囲い込まれた利用者(居住者)に対し、サービスを提供することで1手が10手にもなる効果的なビジネスモデルとも言えそうです。
2019年10月14日週のEC関連ニュース
10月初旬にオンワードHDは国内外の店舗の約2割にあたる約600店舗を閉めると報じられたが、EC売上高は前年同期比34%増とあった。2021年2月期にEC売上高500億円を目指すとされている。今後、求められるのは実店舗とECとの適切なバランスなのかもしれない。
2019年10月7日週のEC関連ニュース
話題になっていた折りたたみスマホ「Galaxy Fold」。10月25日にいよいよ日本でも発売されます。見た目のインパクトに加え、3つのアプリを同時に画面でチェックできる機能性がどこまで今後、スマホデザインのトレンドになるか注目です。
2019年9月30日のEC関連ニュース
10月に入り消費増税がスタート。それに伴う還元サービスをキーワードにキャッシュレス化も一気に進み出しています。一方で、お店などに立ち寄ると、レジカウンター脇にはキャッシュレス対応メーカーのポップが所狭しと並んでいるのを見ると、まさにキャッシュレス戦国時代を感じます。どのサービスがどういった特典やコンテンツで利用者を獲得、保持していくのか注目したいところです。
2019年9月23日週のEC関連ニュース
10月1日から始まった消費増税。増税機会を利用した「増税前キャンペーン」、増税直後の「値段据え置きキャンペーン」など、各社様々なキャンペーンを設けているが目的はひとつ。消費の冷え込みなどがささやかれる中、好機に変える企業やサービスがどれかも楽しみにしたい。
2019年9月16日週のEC関連ニュース
「eccLab」が発表した「EC業界カオスマップ2019 EC決済サービス編」。専門家でない限り、そのカオスな業界を一目で理解できる人はいないのではないのでしょうか。過渡期である現在の混沌とした状況から、抜き出るため各社凌ぎを削った新サービス、新プランも続々登場するはず。よりユーザーにとって便利でシンプルな未来図が待ち焦がれます。
2019年9月9日週のEC関連ニュース
新しく始まったウィズリンクスによる「ウレテク」、生鮮食品の「ライフ」、Amazon「Prime Now」。ともにユーザーの手間や面倒を最大に軽減するサービスで、今後の飛躍が期待できそう。決裁方法を簡素化して飛躍した「メルカリ」同様に、“ユーザー=面倒くさがり屋”という隙間を追求した新サービスから目が離せなそうです。
2019年9月2日週のEC関連ニュース
インターネットの利用時間調査で、日本が3時間45分で対象41カ国中、最下位だったことも驚きでしたが、1日平均5時間52分の中国が28位、若者のネット依存が社会問題にもなっている韓国が5時間14分で33位だったのも意外でした。