製品・機能

製品概要

goo search solutionはAIを活用したサイト内検索です。人手では実現できない、AIならではの自動最適を実現します。

選ばれる3つのポイント

関連機能

導入事例

導入事例

BtoB向けEC、アプリ、デジタルコンテンツ配信事業者まで、幅広くご利用いただいています。

人気のインタビュー

お問い合わせ

EC関連ニュース

2022年6月20日週のEC関連ニュース
「顧客データ」の分析・活用をうまくできているマーケティング担当者が約3割とのニュースがあった。言い換えれば、約7割はうまく分析・活用できてない。顧客満足度の向上はもちろんのこと、来訪や購入の理由、分析を行うことは、未来の顧客獲得(集客)への最短距離にもなります。自社サービスのファンをしっかり理解することで、新たなファン獲得のための施策の重要な根拠となるため、ニーズは今後ますます高まりそうです。
2022年6月13日週のEC関連ニュース
今週の注目はメタバース事業に関するニュース。ECとの親和性が高いと推されるメタバースは、各企業とも新規事業としての取り組みが話題になりやすい。過渡期であるがゆえに、施策面でも技術面でも日進月歩。ただECチャネルとしての期待感は高いことは間違いなさそうで、今後も注目しておくべき分野と言えそうです。
2022年6月6日週のEC関連ニュース
マンション販売のECサイト「OPEN RESIDENCIAオンラインストア」がオープンしたこと、「Pinterest」がEC事業者向け機能「Pinterestカタログ」をリリースしたことが、今週の気になるニュース。タイトルの通り“ついに”マンションまでもEC化したことは話題性だけでも十分なニュース。また、SNSサービスがEC機能を強化するなかで、Pinterestもここに来て新機能を追加した。どちらのニュースも今後、競合他社がどう動くのか、ますます楽しみな話題だ。
2022年5月30日週のEC関連ニュース
「Z世代の99%がスタッフのコーディネート画像を参考にする」とのニュースが発表に。高身長でスタイルが良すぎるモデルより、スタッフのコーディーネート写真が利用者にとっても購入後のイメージをリアルに実感できる表れと思われます。同様に、以前に比べてどのECサイトでも商品写真の点数が多くなり、素材感や着用時のシワの出方や袖丈の長さとバランスなど、利用者がイメージしやすいひと手間がコンバージョンに好影響をもたらせているのかも知れません。
2022年5月23日週のEC関連ニュース
2017年11月のサービス発表から約4年半をもって終了することになった「ZOZOスーツ」。ファッションECにとって長い間、大きな課題であったサイズ問題に一石を投じたものの、その根本的な解決策には至らなかった。EC事業者は商品サイズに不安を抱える消費者に無料返品サービスや着用イメージの拡充を図るなど、さまざまな対策をしていくことが引き続き求められそうです。
2022年5月16日週のEC関連ニュース
キャプテラの調査により、ユーザーが求めるレビュー像が報告された。それによると、長所だけでなく短所もバランスよく必要であったり、レビュアー自体が信用に値する承認を得ている点などが挙げられていた。レビューのないECサイトより、レビューのあるサイトの方がユーザーの支持は得やすいが、同時にレビューにおける「品質」「信頼」をしっかりと担保する必要が運営者にはあることが証明されたようです。
2022年5月9日週のEC関連ニュース
3月決算を終えた各企業の業績に関するニュースが数多く見られました。コロナ禍で急速に進んだeコマースビジネスも、「withコロナ」の暮らしが進む中でよりリアル店舗との共生、競合サービスとの差別化など自社サービスを踏まえた上での新たな施策が求められているようです。USP(商品やサービスが持っている独自の強み)を最大化する上でマーケティングが担う役割も、より大きくなることが予想されます。
2022年4月25日週のEC関連ニュース
楽天が開設25周年を記念して公表した「数字で見る『楽天市場』」インフォグラフィック」。楽天市場ならではの特徴がビジュアル化されているほか、25年におよぶEC市場の動向も垣間見られます。楽天市場に関わらず、多くのECサイトも自社の顧客データから分かる強みと特性を数値化、グラフィック化することで、次なる施策の一手も見えてくるのかもしれません。
2022年4月18日週のEC関連ニュース
今週はサブスクリプションサービスに関するニュースが数多く話題に。市場規模は2019年で1.1兆円、2023年には1.4兆円になると見込まれていると言います。また、その対象はモノのサブスクはもちろん、サービスのサブスクも市場拡大の一役を担っています。サブスク型ECにおける各企業の施策動向にも注目です。
2022年4月11日週のEC関連ニュース
EC業界にとって欠くことのできない存在となったSNSを活用したマーケティング。なかでもTikTokは10代、20代を対象としたターゲット層を持つビジネスにおいて、より重要なツールとなっています。今回、TikTok for Businessが公開した分析結果は、TikTokにおける施策にはもちろん、動画全般におけるマーケティング施策としてもしっかり押さえておきたいレポートになっています。