goo Search Solutiongoo Search Solution

EC関連ニュース

2020年5月4日週のEC関連ニュース
NECが過去最高の純利益1000億円を見込んでいることが発表された。「Windows 7」のサポートを終了に伴うPC買い替えや、5G用の固定通信ネットワーク、医療機関向けの電子カルテシステム、自治体向けの業務システムなどが好調だったことが要因だという。新型コロナ感染症によるネガティブな経済報告が多い中、日本企業による明るいニュースが印象だった。
2020年4月27日週のEC関連ニュース
新型インフルエンザ対策における緊急事態宣言を5月31日まで延長することが発表され、引き続き巣篭もり消費が活性することが予想される。ファッションや家具インテリアなど、これまで実店舗での販売が強い商材も、ネット購入する文化を消費者に浸透させるチャンスにもなりそうだ。
2020年4月20日週のEC関連ニュース
巣篭もり消費に関するニュースが顕著になった一週間。2月〜3月のアパレルを中心としたネット販売が好調なニュースをはじめ、クックパドの自宅配送、Uberのサービス「Direct」「Connect」、「俺のイタリアン」による宅配サービスなど、新型コロナウイルス感染症に対する各社の施策が次々に始まっているようです。
2020年4月13日週のEC関連ニュース
決算月を経て、各社の結果が公表されると同時に、新型コロナによる業績への影響がマイナス方向へ拍車をかけています。10年前では考えられないほどの苦境下に晒されています。外出が消費の前提とも言える「ファッション業界」「コスメ業界」には厳しい状況がしばらく続きそうです。
2020年4月6日週のEC関連ニュース
政府や自治体で新型コロナウイルスに関連した感染症対策が取られる中、大手IT企業の施策が発表された。アップルとグーグルは連携し、濃厚接触の検出プラットフォーム整備を目指し、ヤフーは事業者向けデータソリューションサービスを無料提供するという。未曾有の状況下で巨大IT企業に何ができるか、その枠を超えた取り組みに今後も注目が集まりそうです。
2020年3月30日週のEC関連ニュース
マーケティングに関するトレンドやデータ・リサーチ結果を掲載している「Think with Google」が「新型コロナウイルスに関連する検索動向」を発表した。消費だけでなく、生活そのものに大きな変化をもたらしている新型コロナウイルス。消費が冷え込んでるにも関わらず、巣ごもりなどで広告に接する機会はむしろ増えている状況下でいかに、時流を捉えて対応するかが求められているようです。
2020年3月23日週のEC関連ニュース
新型コロナウイルスの影響に関する「巣ごもり消費」に関する調査結果が発表になり、その結果、外食やイベントの支出が減少する一方で、「薬・衛生用品」やエンタメ系の消費が増加。売り上げが極端に二分しているこの状況下、いかに売れる商品を生み出せるか、いつか回復するタイミングに準備できるかが重要だと言えそうです。
2020年3月16日週のEC関連ニュース
新型コロナウイルスの影響もあり、新生活などで消費が伸びるこの時期だが、現状はその反対に。一方で、新生活で購入予定の家電製品に関する調査報告があった。かつて家電製品の三種の神器と言われた「テレビ」は冷蔵庫、電子レンジ、洗濯機、炊飯器、ドライヤーに次ぐ第6位。消費者の優先が大きくネットへ移行した結果だと思われ、時代をよく反映した結果となった。
2020年3月9日週のEC関連ニュース
サブスクがレンタルサービスの利用者率を超えたことがニュースになった。複数のサブスクを利用する人の割合を考慮すれば、実態はより大きな差がレンタルサービスとある印象です。新型コロナウイルスを好機として捉えるサブスク事業。ECの分野でもいかにチャンスとして施策やキャンペーン等の攻めのマーケティングを行えるか、アイデアが求められそうです。
2020年3月2日週のEC関連ニュース
Twitterが発表した24時間後に自動的に削除される「Fleet(フリート)」がブラジルで試験導入に。一定時間で消えるエフェメラル・コンテンツの共有は、人気のInstagram のほか、Snapchat、Facebook、LinkedInでもすでに導入されていることや、ツイートを削除する風潮からも自然な流れとされています。攻撃的な行為の新たな手段になるのか?それとも新たな情報拡散の新機能となるか、ブラジルでの使われ方、動向が気になります。