goo Search Solutiongoo Search Solution

EC関連ニュース

2020.05.27

2020年5月18日週のEC関連ニュース

4月5月での巣ごもり消費におけるECサイトの利用状況が各社から発表になった。非常事態宣言が解除され、新型コロナウイルスの感染を防ぐための「新しい生活様式」が求められる今後、消費活動にも新たな変化が起こると想定される。どのような施策を行うべきか、各社の動向にも注目が集まる。

シップスがライブコマース「SHIPS SHOPPING TV」をスタート

インターネットでライブ配信を行いながら商品を販売する「ライブコマース」。消費者は自宅のパソコンやスマホを使い、配信中に質問やコメントを投稿しながら商品を購入可能。URLは配信当日に「SHIPS SHOPPING TV」のサイトで案内するそうです。

緊急事態宣言下で消費が伸びたもの・減少したものは?「Yahoo!ショッピング」のデータから分析【ヤフー】

引用元:ECのミカタ

ヤフー・データソリューションにてYahoo!ショッピングの利用状況からデータを分析。最も伸びている「ダイエット、健康」、意外な伸びを見せる「ゲーム、おもちゃ」だったそうです。

大手セレクト3社のGWネット通販で売れたもの

引用元:WWD JAPAN

コロナ禍で売れたものは何か、ビームス、ベイクルーズ グループ、エストネーションをリサーチ。ビームスは売れ筋上位をワンピースが独占、ベイクルーズはアクセサリーやバッグなど雑貨が好調、エストネーションは画面映えするアイテムが好反応、だったそうです。

コロナ禍で消費の「EC」シフト、前年比+18.9%。総合消費の「小売」は-7.2【4月の消費指数】

ビッグデータの解析・分析を行うナウキャストとジェーシービー(JCB)の「4月の国内業種別消費動向データ」によると、4月の「EC」は前年比18.9%増、「小売」全体で見た4月の実績は同7.2%減だったそうです。

<7つの巣ごもり消費者タイプ別>今後の需要に応える商品・サービスは?

引用元:ferret

巣ごもり消費の需要を7つに分類。7つは、おうち時間充実型、エクササイズでストレス発散型、趣味に没頭エンジョイ型、趣味と実益を兼ねた手作り型、自己投資・スキルアップ型、自分見つめなおし型、癒し・リラックス型。それぞれタイプ別に需要に応える商品・サービスを紹介。

コロナ禍で健康・ダイエット関連のコンテンツ視聴が40ポイント増/ゲーム関連も急伸【Teads調査】

引用元:MarkeZine

健康・エクササイズのほか、料理に癒やしや安堵を求める傾向によりレシピや⾷材に関連するコンテンツ、ゲーム、ホームインテリア、自動車などにも大きく関心が高まったそうです。

業界を包み込む絶望感と外出への期待感。アパレルとECはどうなる? ファッションECのニューノーマル【ネッ担まとめ】

緊急事態宣言後のアパレルとECについてのまとめ。ナノ・ユニバース、ウォルマート、ニトリ、EC全般を参考に紹介しています。

「沈静化に1年以上を要する」37% 実店舗からオンラインショッピングへシフト/ニールセン調査

引用元:ECzine

3月中旬の調査では、沈静化に1年以上を要するだろうと考えていた人は約1割程度だったそうです。今後はすでに海外で見られるような、より嗜好性の高い製品カテゴリー、ブランドから実用性の高いカテゴリー、ブランドへの消費のシフトが日本でも見られるかもしれないと推測されているそうです。