goo Search Solutiongoo Search Solution

EC関連ニュース

2019.02.26

2019年2月18日週のEC関連ニュース

SNSと口コミの関係性の高い業種が、食料品や化粧品、ファッションとどれも男性よりも女性の関心が高い業種であることに納得。女性向け商品のマーケティングや戦略に大きく役立ちそうな調査結果です。

SNSでのクチコミがどう購入につながっているか?を徹底調査【AMN調べ】

引用元:ECのミカタ

クチコミによる購買や来店につながったという回答が多かった業種は「食料品」「化粧品」「ファッション」の三つの業種だったそうです。

2019春節のEC売上高は昨年比42.7%増、20~30代が消費の主力に

引用元:ECのミカタ

女性消費者に限ると、「ベビー・マタニティ製品(女性消費者全体の約60%)」「コスメ・スキンケア(女性消費者全体の約58%)」「生鮮食品(女性消費者全体の約55%)」だったそうです。

ヤフーがビッグデータを開放、10月にデータフォレスト開始

引用元:通販通信

データソリューションサービス「DATA FOREST」と称したサービスで、5月には、体験できる拠点「データフォレストラボ」をヤフー本社がある紀尾井町オフィスにオープンするそうです。

楽天ペイアプリをアップデートし、すべての決済手段を単一プラットフォームに統合へ

現在、楽天ペイ、楽天Edy、楽天ポイントを利用できる場所は、3サービス合計で約300万か所あるそうです。

1万人に聞いた消費増税の影響――スーパー、100円ショップ、ECなどの利用頻度が増えると予想

引用元:Infoseek

利用が減りそうなお店では、「コンビニ」や「百貨店」が多かったそうです。

京東集団と楽天、国内の無人配送ソリューション構築に向け連携 京東のドローンと地上配送ロボット導入へ

引用元:Eczine

すでに楽天は、2016年「楽天ドローン」を開始し、企業や自治体と連携した実証実験や試験的なサービス提供を行っているそうです。

最も推奨したい化粧品通販は再春館製薬所、その理由は?

購入経路の1位は「ブランドの公式サイト」、2位は「楽天、アマゾンなどのウェブサイト」、3位は「ブランドの直営店」だったそうです。

どのプロセスのどんな数字が大事なのかを見極める! 『「数字指向」のマーケティング』発売

引用元:MarkeZine

数字を見るために重要なプロセスマネジメントに注力し、指標設定、収益プラン、効果測定、施策計画、分析と改善といったマーケティングの全体像に沿って説明がされているそうです。

イギリス人はどのように国外からオンラインで商品を購入しているのか最新調査結果

引用元:eccLab

国外オンラインショッピングを非常に好む英国の消費者が買い物をするのは、アメリカ、ドイツ、フランス、オランダの順に多いそうです。