goo Search Solutiongoo Search Solution

EC関連ニュース

2019.11.27

2019年11月18週のEC関連ニュース

若者マーケティング研究機関「SHIBUYA109 lab.」のトレンド大賞2019。12名の高校生・大学生と選定したそうだが、ヒト部門は1位が「よしあき&ミチ」、2位がヴァンゆんちゃんねる、3位がなこなこちゃんねる、と全てYouTuberが名を連ねた。まさに時代を反映した結果を踏まえ、ますます拡大、多角化していくであろう動画プロモーションに注目です。

「楽天おもちゃ大賞2019」が決定、子どもが夢中になるおもちゃ&絵本、トレンドは?

「楽天おもちゃ大賞」は、主に子育てに携わる「楽天市場」ユーザーが、子どものおもちゃを選びやすくするために、7つの部門から“子どもが夢中になるおもちゃ”を表彰。楽天おもちゃ大賞は、約1,200万画素レンズを搭載した、本格的なトイカメラ「キッズトイカメラ」だったそうです。そのほか、、知育地球儀 シーフオーブート、軽い竹馬のほか、絵本賞では「きょうのおやつは かがみのえほん」が受賞したそうです。

スマホ決済の利用率、4月時点から2倍超の31.5%に

引用元:通販通信

スマホを使ったQRコード決済の登録経験率が36.7%から48.6%に伸び、一方で現金で払っている人の比率は、54.0%(4月)→52.6%(8月)→50.2%(11月)と微減傾向にあるそうです。

【ブラックフライデーの消費調査】知っているユーザーは75%に上昇、ECサイトの利用予定者は34%

ONE COMPATH(ワン・コンパス)が11月20日に発表した「ブラックフライデー」に関する意識調査。「ブラックフライデーに買い物をしたい」と答えた人に、ECサイトを利用する予定があるかどうかを聞くと、「はい」は34.2%だったそうです。

消費者の新たな趣向が浮き彫りに 博報堂が「生活者のサステナブル購買行動調査」を実施

引用元:ECのミカタ

「不用品を人にあげる・売る」モノの循環行動が、女性20・30代を中心に浸透。「長く使えるものを買う」生活者は9割以上だったそうです。

夫婦円満は「旅行」プレゼントがカギ!?楽天”いい夫婦の日”調査

引用元:通販通信

20~60代の未婚・既婚の男女1000人を調査。「夫婦関係の満足度」では63.5%が「満足している」となったものの、男性の73.9%に対し、女性は53.4%。その差は20ポイントに及んでいたそうです。とりわけ、女性の40代と60代は50%を割っていたそうです。

3人に1人がフリマを利用する時代、利用のネックは梱包材

引用元:ECのミカタ

認知度調査では、メルカリ、Yahoo!のヤフオク!、ラクマの順となっており、特にメルカリはどの年代でも80%以上の人が認知。利用者の半数が出品するのは「手が空いたとき」と回答し、「毎日」「毎週」利用しているのは、全体の13%程度だったそうです。

SHIBUYA109 lab. トレンド大賞2019が発表 around20の流行は「異名」がカギ

引用元:ECzine

若者マーケティング研究機関「SHIBUYA109 lab.」は、around20(20歳前後)と定義する女性を対象に2019年のトレンド調査を実施。それぞれ大賞は、「ヒト部門」がよしあき&ミチ、「アーティスト部門」はOfficial髭男dism、「ドラマ・番組部門」はあなたの番です、「コスメ・スキンケア部門」はスキンアクア トーンアップUVエッセンス、「ファッション部門」はセットアップ コーデ、「カフェ・グルメ部門」はタピオカだったそうです。

シニア女性の8割「見た目を保つために食事が大切」と意識

引用元:通販通信

55~79歳の男女を中心に『プレシニア・シニア層の見た目への意識調査』を実施。シニアの女性は、80%超が「見た目を保つために食事が大切」と回答し、「食材への認知や興味」の質問では、「オーガニック」「大豆ミート」に好反応。低脂質、低カロリー、たんぱく質をおいしく摂取したいという意向が垣間見られたそうです。

渋谷PARCO、11月22日にグランドオープン 世界へ発信する唯一無二の“次世代型商業施設“へ

引用元:ECzine

渋谷PARCOが、建て替えを経て11月22日にグランドオープン。「世界へ発信する唯一無二の“次世代型商業施設”」というビルコンセプトに合わせ、さまざまな取り組みを行っているそう。5階のオムニチャネルショップ「PARCO CUBE」。出店する11店舗は従来の売場面積の約半分、10坪前後で展開する分、店舗に置くのは戦略アイテムや限定商品を中心で、そのほかの商品は「PARCO ONLINE SHOP」にて販売を行うそうです。

世界ヒアラブル市場調査、第3四半期は41億ドル規模–1位アップル、2位シャオミ

引用元:CNET Japan

完全ワイヤレス型ヒアラブルデバイス市場に関する調査結果が発表され、2019年第3四半期に全世界で3300万台が販売され、前期に比べ22%増。市場規模は41億ドル(約4462億円)。市場シェアはAppleが45%でトップ、2位は、前期4位だったXiaomi Technology(シャオミ)の9%、3位は、前期2位だったSamsung Electronics(サムスン電子)の6%だったそうです。