goo Search Solutiongoo Search Solution

EC関連ニュース

2019.12.03

2019年11月25日週のEC関連ニュース

楽天、Yahoo!、ともに2019年の売れ筋ランキングが発表になった。楽天では、ゲーム系を除くと、ミネラルウォーター、紙おむつ、コンタクトレンズなどが上位を占め、トレンドよりも実生活に密着した商品が多い結果な印象だった。

5G契約数、2025年には26億件に–エリクソン予測

引用元:CNET Japan

5Gサービスの加入契約数が2025年末までに約26億件に達するとの見通しを、通信機器大手Ericssonが公表。2025年末には、世界人口の最大65%をカバーし、モバイルデータトラフィック全体の45%を処理するとEricssonは予測しているそうです。

ヤフー2019年売れ筋ランク、総合1位は『Nintendo Switch Joy-Con』

引用元:通販通信

お取り寄せ部門は『黒毛和牛切り落とし』、 家電部門の1位は『ルンバ e5 ロボット掃除機』、ダイエット・健康部門は、足を乗せるだけで足裏からふくらはぎの筋肉にアプローチする『SIXPAD Foot Fit』。また、自動車パーツ部門では、あおり運転の影響もあり、『ドライブレコーダー コムテック』が1位だったそうです。

KDDIとFacebook、“5G時代の買い物”を体験できる店舗を2020年春にオープン

引用元:CNET Japan

サービス、流通、製造などさまざま産業をテーマに、Instagramアプリを活用したトライオンや商品購入、AI店員(デジタルヒューマン)による接客体験、ARグラスやモバイルARを活用したショッピング体験など、次世代ショッピングのコンセプトモデルを展示していく予定だそうです、

高まる『クチコミ』と『ファン化』の重要性 トランスコスモスが「消費者と企業のコミュニケーション実態調査2019」を公表

引用元:ECのミカタ

調査によると、「消費者はネットで熱心に商品情報を調べ、ECでも企業とユーザー間の信頼関係がカギ」であることが明確になったそうです。消費者が興味・関心ごとを情報収集する際の情報源としては、ネットの利用率(82%)はテレビ・ラジオ・新聞・雑誌の4マスの利用率(77%)よりも高く、加えて家族・知人(44%)やSNS(41%)などクチコミの影響力も大きかったそうです。

世界の越境EC購入先、1位は「米国」で21%…Shopify・FB共同調査

引用元:通販通信

世界175か国で100万以上のアクティブストアが運営されているマルチチャネルコマースプラットフォームを展開する「Shopify」。3万4000人余に聞いた「購入先上位国」は米国(21%)、英国(14%)、ドイツ(10%)の順。中国は調査対象外で、日本は5%だったそうです。

ユナイテッドアローズのECサイトが再開、停止期間は約2か月半。自社開発への移行は「必ずやり遂げる」

ユナイテッドアローズはECサイトを全面刷新するために自社ECの運営を9月12日に一時停止、10月中にリニューアルオープンするとしていたが、新システムでの運営スタートが難航。11月27日、約2か月間半にわたって運営を停止していたECサイト「UNITED ARROWS LTD. ONLINE STORE」を再オープンさせた。

10〜20代の6割がInstagramをきっかけに購入。いまSNSに求められることは?

引用元:ECのミカタ

SNSを活用したマーケティングに関して、全国10~60代の男女500人を対象に意識調査。何を重視して購入するかについては、1位が詳細な使用感やレビュー、2位は写真、3位は商品の概要説明、4位はいちユーザーとしての声、5位は動画の見やすさとの結果が出たそうです。

約7割の担当者がCookieによる行動分析に不足を感じると回答/規制強化はどう影響?【サイカ調査】

引用元:MarkeZine

7割以上がCookie等を用いた広告効果の測定を実施したが、昨年に続き、約7割が測定に不満を感じているそうです。理由の1位は「限定された測定範囲」、2位は「同時に出稿している他の広告施策による効果との切り分けができない」ということだそうです。

青山商事が「アメリカンイーグル」全店舗閉鎖、ECは12/31で終了

米国AEO社との契約を終了することになり、実店舗は12月18日から順次閉店、ECサイトは12月31日に閉鎖するそうです。

楽天、2019年 年間ランキングを発表

「楽天市場」、「楽天ブックス」、「楽天Kobo」、「ラクマ」、「楽天トラベル」、「楽天GORA」、「Rakuten TV」、「Rakuten Music」、「ROOM」の9サービスにおいて集計した各ランキングを発表。「楽天年間ランキング2019」の1位はクリスタルガイザー、2位はパンパース 、 3位はNintendo Switch Joy-Con(L) ネオンブルー/(R) ネオンレッド。楽天ブックス「2019年 年間ランキング」は、1位がCD 5×20 All the BEST!! 1999-2019 / 嵐、2位はDVD 5×20 All the BEST!! CLIPS 1999-2019 /嵐、3位はCDBRAVE /嵐、だったそうです。

中国SNS上で購入された日本商品、1位は『ピジョン 薬用ローション』

引用元:通販通信

最も多く「買った」とクチコミされた日本商品は、昨年に続いて『ピジョン 薬用ローション(ももの葉)』、2位は『口内炎パッチ大正A(大正製薬)』、3位は『龍角散のどスッキリ飴(龍角散)』、4位には『サントリーシングルモルトウイスキー山崎(ビームサントリー)』、5位は『TSUBAKI(資生堂)』。中国消費者の「ヘアケア」ニーズの高まりを感じさせる結果だったそうです。