製品・機能

製品概要

goo search solutionはAIを活用したサイト内検索です。人手では実現できない、AIならではの自動最適を実現します。

選ばれる3つのポイント

関連機能

導入事例

導入事例

BtoB向けEC、アプリ、デジタルコンテンツ配信事業者まで、幅広くご利用いただいています。

人気のインタビュー

お問い合わせ

EC関連ニュース

2020.12.28

2020年12月14日週のEC関連ニュース

新型コロナウィルスが席巻した2020年。世界中が変化を求められる中で、EC業界にとっても激変の一年になった。外的な要因とはいえ、より消費行動のEC化が進んでおり、今後もその動きは加速すると見込まれています。好機をいかに成長に繋げていけるかECサービス運営企業にとって、2021年も勝負の年になりそうです。

2020年スポーツアパレル市場、全カテゴリーで前年下回る見込み アウトドアウエアは好調/矢野経研調査

引用元:ECzine

2020年のスポーツアパレル国内市場規模はメーカー出荷金額ベースで、前年比86.7%の4,868億7,000万円の見込み。新型コロナウイルスの感染拡大により、学校部活動の活動休止、各種スポーツスクールや公共体育館の営業休止など、国民のスポーツの場やプレー機会が失われたことでスポーツウエアの需要が縮小ことが要因だそうです。

コクヨ、EC売上が3倍に…在宅勤務用の回転イス・デスクが好調

引用元:通販通信

コクヨは個人向けオフィス家具を対象とした2020年の「ECモールサイト(楽天、Amazon、Yahoo!)売上前年比・販売ランキング」を発表になった。イト全体の売上は前年比の約300%で、商品別ランキングでは、ベスト5のうち4商品を回転イスが占める結果だったそうです。

Instagramが短尺動画「リール(Reels)」に商品のタグ付け機能を追加

フィードやストーリーズ、IGTV(長尺の縦型動画)、米国で一部ブランドを対象にテスト中のライブショッピングなど、利用者はInstagram上の動画コンテンツ内でショッピングを楽しむことができるようになるそうです。

世界のデジタル決済市場、5年後までCAGR14%で成長予想/グローバルインフォメーション調査

引用元:ECzine

デジタル決済の市場規模は、2020年の793億米ドルから2025年には1541億米ドルに達し、CAGR14.2%で成長すると予想されており、デジタル決済推進のための世界的な取り組みにより、市場の拡大が予測されるそうです。

Cookie利用の同意バナー表示、国内大企業の4.75%に留まる【Priv Tech調査】

引用元:MarkeZine

調査の結果、英国を中心とする欧州企業は81.6%、米企業は26.7%であり、日本国内においては未対応企業が圧倒的多数であり、日本における個人情報保護に関する取り組みの遅れが浮き彫りとなったそうです。

2020年販売に“苦戦”した商品ランキングを発表[インテージ調査]

引用元:ECのミカタ

1位は口紅をはじめ、4位・ほほべに、5位ファンデーション、6位・化粧下地、7位・おしろい、と10位中に5つが化粧品関連で、コロナ禍の影響を大いに受けた結果だったそうです。

Twitterで2020年話題になったツイート・ハッシュタグは?【Twitter調査】

引用元:MarkeZine

リツイートされた投稿、いいね数が多かった投稿は「100日後に死ぬワニ」の最終話で、引用ツイートが多かったのは「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」のツイートだったそうです。

Googleが2020年の消費動向を分析 検索が増えたキーワードとは?

引用元:ECのミカタ

Googleは、2020年を振り返り消費者の意識と行動を分析したレポートを公開。2つの特徴のうち、1つ目は「おうち時間」を充実させる行動変化で、2つ目は「休日の過ごし方」の行動変化だったそうです。

ヤフー、2020年度上半期は約1億1千万件の広告素材を非承認に/広告サービス品質に関するレポート

引用元:MarkeZine

非承認となった広告素材として目立ったものには、画像や動画の広告素材において、体型や毛髪をはじめ人のコンプレックス部分を強調するなど「ユーザーに不快感を与えるような表現」や、「最上級表示、No.1表示」や「薬用化粧品(医薬部外品)、化粧品」の基準に抵触するものも多く見られたそうです。

メインで使うECモールは「楽天市場」で41%。コロナ禍で総合ECサイトの利用を始めたは4.8%、頻度が増えたユーザーは21%

MMD研究所が発表した「コロナ禍での総合ECサイトに関する調査」では、総合ECサイトの利用、利用頻度、利用する理由、関連サービスの利用状況などについて調査しているそうです。

[ZOZO] ファッションアプリ『WEAR』が2020年のトレンドをランキング形式で公表

引用元:ECのミカタ

No.1検索ワードは「#シアーシャツ グリーン」で、総検索数は前年比1,342倍。「#シアーシャツ」は4ヵ月連続1位にランクインし、根強い人気だったことが推測できます。