製品・機能

製品概要

goo search solutionはAIを活用したサイト内検索です。人手では実現できない、AIならではの自動最適を実現します。

選ばれる3つのポイント

関連機能

導入事例

導入事例

BtoB向けEC、アプリ、デジタルコンテンツ配信事業者まで、幅広くご利用いただいています。

人気のインタビュー

お問い合わせ

EC関連ニュース

2022.04.22

2022年4月11日週のEC関連ニュース

EC業界にとって欠くことのできない存在となったSNSを活用したマーケティング。なかでもTikTokは10代、20代を対象としたターゲット層を持つビジネスにおいて、より重要なツールとなっています。今回、TikTok for Businessが公開した分析結果は、TikTokにおける施策にはもちろん、動画全般におけるマーケティング施策としてもしっかり押さえておきたいレポートになっています。

イオンのデジタル売上は1300億円、ネットスーパー売上は750億円以上

2026年2月期を最終年度とする中期経営計画では、EC、ネット通販、オムニチャネルを拡大させ、デジタル売上高を1兆円まで伸ばす計画を掲げているそうです。

TikTok for Business、EC業界のTikTok運用型広告を分析 効果的なクリエイティブを公開

日本でのTikTokにおけるEC業界の運用型広告を分析し、動画広告の活用においてより効果を高めるポイントをまとめた「TikTok運用型広告クリエイティブTips ~EC業界から」を公開。冒頭から人物が登場する動画は、登場しない動画に比べて継続的な視聴率が高いなどのポイントを示したそうです。

TSIは「脱アパレルOnly」で「ファッションエンターテインメント創造企業」へ。EC売上760億円をめざす中期経営計画まとめ

EC売上高は758億4700万円を計画。EC事業の飛躍的拡大に向けて構造改革を推進、すべての業務をECとデジタル優先に組み替えを予定。CRM構造、内部サービスへの大型投資を検討し、大型販促と連動した売上拡大を目指すそうです。

オンワードのEC売上は431億円で6%増、国内EC化率は30%に上昇【2022年2月期】

オンワードホールディングスが2021年4月に発表した中長期経営ビジョンでは、販売改革において「OMOストア開発によるリアル店舗とオンラインストアのメリット融合」を掲げている。業績面では2030年度EC売上高目標として1000億円、EC化率50%としているそうです。

AnyMind、複数ECチャネルの一元管理でEC運営を最適化するECマネジメントプラットフォーム開始

引用元:ECzine

ECマネジメントプラットフォーム「AnyX(エニーエックス)」は、日本およびアジア各国・地域のECモールや自社ECサイトの一元管理を可能にすることで、効率的なEC運用を支えて売上向上を支援。今後、同社が開発・提供するプラットフォームも順次、「AnyX」に連携する予定となっており、将来的にはAnyX上からすべてのソリューションを利用できるよう開発を進めているそうです。

【調査結果】企業が最も注目するSNSはSnapchat、特に懸念するソーシャルリスクは「売上への影響」「ブランドの低下」

引用元:ECのミカタ

世界的に環境意識が高まっている一方で、日本においては目的意識を持った買い物の少なさや、持続可能な社会実現に向けた主体的な情報収集の少なさなど、受け身的な消費行動や強い低価格指向が課題として挙げられるそうです。

SO Technologies、EC向けフィード広告最適化サービス開始 商品単位の広告強化が可能に

引用元:ECzine

テスト導入に参加したECサイトの85%以上において、広告経由の売上が平均1.5倍増加しており、多品種を扱うECサイトにて売上拡大を目指すことが可能だそうです。現在の対応媒体はGoogleショッピング広告。随時開発を進めており、今後各種フィード広告媒体に対応予定。

アパレル向けコミュニティ型Web接客ツール【STYLISTA】の提供開始

引用元:ECのミカタ

ユーザー同士で相談をし合うことができるファッションSNSとして運営してきた「STYLISTA」をアパレル企業向けに「コミュニティ型ウェブ接客ツール」としてサービス展開することを公表。その第一弾として、MARK STYLERが運営する「RUNWAY channel」にて提供を開始するそうです。

デニムブランド「JAPAN DENIM」、直営ECサイトをオープン フラッグシップショップも好調

新たな取り組みとして、「JAPAN DENIM」公式ホームページ内に直営ECサイトをオープン。直営ECサイトでは、商品ページにおいて、各商品のモデル着用動画を掲載。海外に販路を拡大すべく、最大11言語に自動翻訳するサービスを導入しているそうです。

ミズノがECサイトとブランドサイトを統合した「ミズノ公式オンライン」の特徴とは?

総合ポータルサイトでは、ユーザー投稿による「USER’S PHOTO」と公式Instagramアカウントによる「MIZUNO OFFICIAL」を掲載し、クリックすると画像とコメント・該当の商品を表示。ユーザーは気になった写真から商品ページヘスムーズな導線で遷移して商品を購入できるそうです。

【ペットヘルスEC市場】 4カ月で10万食のサプリも/展示会は出展者10倍に

引用元:日流ウェブ

「topet」は21年11月、ECサイトで、新サービス「あなたの愛犬だけのサプリtopet」の提供を開始。獣医師とペット栄養管理士が共同開発した診断システムの質問にユーザーが回答。回答内容を基に、愛犬の体調にあったサプリをカスタマイズして提供するというサービスだそうです。