製品・機能

導入事例

導入事例

BtoB向けEC、アプリ、デジタルコンテンツ配信事業者まで、幅広くご利用いただいています。

人気のインタビュー

ケーススタディ

お問い合わせ

EC関連ニュース

2022.11.24

2022年11月14日週のEC関連ニュース

11月第4木曜日の翌日にあたる日を指す「ブラックフライデー」。日本でも2016年頃から大手ショッピングモールなどで導入され、今やすっかり定着。購入する“きっかけ”を上手く消費者に提供し、さらにそそるための演出することが大切と感じる「ブラックフライデー」。好機を自らつくり、商機に繋げていくことが重要です。

ブラックフライデーの予算「3千円未満」が過去最多 買いたい物は日常の食料や日用品/Shufoo!調査

引用元:ECzineニュース

日本に本格上陸して6年目といわれるブラックフライデーだが、3割弱(27.4%)がブラックフライデーでの買い物体験があると回答。また、今年のブラックフライデーに買い物をしたいか意向を聞いたところ、4割近く(38.1%)が「買い物をしたい」と回答しているそうです。

「値上に対する生活者の出費意識」調査の結果を公開 生活者意識にみる「プラス20%の価格の壁」

価格による若干の差があるものの、5~15%程度の値上げでは「値上がりを実感するが、買うのには支障をきたさないと思う金額」と思っている人が多いが、20%を超える値上げで「買うのをやめようと思う」第1の“壁”が存在していることがわかったそうです。

ブラックフライデー「お得な情報記事は7日前発表」[グノシー調査]

引用元:ECのミカタ

2019年は当日1週間前の記事が多かったものの、2020年、2021年はブラックフライデー当日の記事数が最も多く、2021年は前日の約6.7倍に。また、どの年も当日の7日前に記事数が急激に増えること分かったそうです。

「経済圏を意識してサービス利用する」は56%。意識している経済圏トップは「楽天」

5つの経済圏(ドコモ、au、PayPay、楽天、イオン)のメイン利用者2500人を対象に調査。5つの経済圏いずれかを意識しているか聞いたところ、56.2%が「意識している」と回答し、2022年4月の調査結果と比べて7.7ポイント増加したそうです。

ECサイト『BALL.DEPARTMENT』と情報誌『BALL.』が同時リリース

引用元:ECのミカタ

通常のECモールとは異なり、商品が生まれるまでの想いを知り、実際に体験し、価値を買うストーリー体験型購入サイト。地域資源を使った想いのこもった商品(モノ)と、地域で活躍する人たちと実際に会える体験(コト)の両軸で商品展開を行い、地域資源を使った職人の手による1点もの商品や、サイトオリジナルの限定体験ができるサービスも提供していくそうです。

Yahoo!ショッピング、ヤマト運輸が配送する商品はID未連携でも配送状況を確認可能に

引用元:CNET Japan

これまでもヤマト運輸の個人向け会員サービス「クロネコメンバーズ」の「クロネコID」と「Yahoo! JAPN ID」を連携しているユーザーを対象に、配送状況などを通知していたYahoo!ショッピング。今回はその機能を、クロネコIDを連携していないユーザーにも対象を拡大したそうです。

楽天、「ヒットキーワード2022」「ヒット予測キーワード 2023」を発表 「脱自粛関連消費」や「レシ活」などを選出

「楽天グループ ヒットキーワード2022」は「脱自粛関連消費」「マイクロファッションアイテム」「ホカンス」「バーチャル推し活」「レシ活」の5つを選出。「楽天グループ ヒット予測キーワード2023」には、「サステナブルツーリズム」「デジタルヘルスケア」「縦読みデジタルコミック」「安近短な海外旅行」の4つを選出したそうです。

アパレル物流トップのセンコーが廃棄ゼロを目指すEC事業を始めるワケ

引用元:WWD JAPAN

11月15日、余剰在庫品を中心に新価格で再販する社内向けのクローズドECサイト「ZEROBRANDs」をオープン。廃棄予定品は買い取ってリメイクしたり、再資源化するなどまとめて効率的にリサイクルし、来年には一般向け販売や古着回収も予定するそうです。

アパレルウェブなど3社共同で越境EC運営支援の新サービスを開始

引用元:ECのミカタ

「Global Step Project」では、越境ECに必要なそれぞれの領域に強みを持つ3社がタッグを組み、越境ECにチャレンジしたい企業をサポートする、デジタル・リアルを組み合わせた海外販路拡大サービスを開始することとしたそうです。