製品・機能

導入事例

導入事例

BtoB向けEC、アプリ、デジタルコンテンツ配信事業者まで、幅広くご利用いただいています。

人気のインタビュー

ケーススタディ

お問い合わせ

EC関連ニュース

2022.11.18

2022年11月7日週のEC関連ニュース

EC事業においても大きな影響を受けている、円高や商品原価高騰などの経済状況。さまざまな対策を各社が取るなかで、取り扱い商材の特徴や、顧客との関係性強化などが引き続き求められています。また、日本の商品が海外から買いやすい状況下で、盛んになる越境ECにも関心が高まります。

物価高騰の影響によるライフスタイルの変化、半数超が「ネットで食品を購入する機会が増えた」

フードロス削減に向けたECサイト「Kuradashi」の利用者を対象に「物価高騰の影響によるライフスタイルの変化についての調査」を実施。「この1年間で『Kuradashi』の使い方に変化はあったか」という選択式の質問には、「割引率の高い商品を購入する頻度が増えた」と回答した人が最も多く、よりお得感を求めていることが推察できたそうです。

【eBay】最新の越境ECトレンド(販売動向)を公開、円安で好機か?

引用元:ECのミカタ

長引く円安の影響で海外の日本商品需要は今後も高いことが見込まれるうえ、米国では年末商戦で購買意欲がさらに高まることが予想。「販売動向」レポートは、ECそして越境EC市場でのトレンドを反映しているものと言えそうです。

アリババ、天猫ダブルイレブン開始4時間でライブコマースによる売上2億円

引用元:ECzineニュース

アリババグループは10月24日、2022年天猫ダブルイレブンの、ライブコマースによる売上について発表。130の「タオバオライブ(淘宝直播)」チャンネルを通じた売上が、天猫ダブルイレブン開始後わずか4時間で約2億円を記録したそうです。

「LINEから購入したことある」約28%【フォーイット調査】

引用元:ECのミカタ

「投稿がきっかけで商品購入やサービス利用をした事があるか」の問いでは、1位Instagram、2位You Tube、3位TikTokという結果に。また、「気に入ったお店やサイトを見つけた場合、SNSのアカウントをフォローしますか?」という問いでは、フォローすると回答した人が40%・しないと回答した人が60%という結果だったそうです。

BuyeeがECカンパニー「シュッピン」の海外販売のサポート開始 計5サイトで海外販売が可能に

引用元:ECzineニュース

本連携により、「Buyee Connect」を導入することで、シュッピンが運営する各ECショップのサイト上に新たに海外からのアクセス者に向けた専用カートが開設され、海外ユーザーの購入利便性向上につながるそうです。

“刺さる”“評価される”プレスリリースのポイントをPR TIMESのアワード受賞企業に学ぶ

「プレスリリースアワード」は、 PR TIMESが2021年から実施されており、総エントリー1412件から受賞企業10社を選出。ECを手がけるクラダシ、池部楽器店、nakatxといった事業者も多数選出されたそうです。

売らない店「シーイン トーキョー」、静かなオープン 行列は100人

引用元:WWD JAPAN

「シーイン トーキョー」は店舗では販売せず、商品のQRコードを読み込んでECサイトやアプリを通じて販売するショールーミング型の店舗。店舗を持たず、安さと圧倒的な商品力を武器に公式通販サイトやアプリなどを通して、中国の自社倉庫から世界中の顧客に直販することで急成長してきたそうです。

ユナイテッドアローズ4~9月期、値引き抑制で粗利益率改善

引用元:WWD JAPAN

秋冬は商品コストの上昇に対応するため、商品の2割相当を平均で15%値上げしたものの、売上につながったそうです。また3月にリニューアルした自社ECでも同様にタイムセールなどを抑制。なお、アプリのダウンロード数は、リニューアル後に100万増えて約230万ダウンロードに達したそうです。

宮迫・ヒカルの焼肉店「牛宮城」、ECを本格開始 会見で語った「飲食店2.0プロジェクト」とは?

飲食店2.0プロジェクト」と題し、ECとインフルエンサーは掛け合わせた商品販売の新戦略を発表。ECサイトはYouTubeライブでの発表してすぐに、アクセスが集中し、システムエラーが発生するほど話題になっているそうです。

シルバーエッグ、「ヴァンドーム ヤマダ」公式ECストアにAI活用の「アイジェント・レコメンダー」導入

引用元:ECzineニュース

導入により、顧客のニーズに合致した商品の提案が実現だけでなく、コスチュームジュエリーなどカジュアルで併せ買いしやすい価格帯の商品提案がリアルタイムにで可能に。また月全体売上の約10%がレコメンドにより発生している結果も出ているようです。