goo Search Solutiongoo Search Solution

EC関連ニュース

2020.09.17

2020年9月7日週のEC関連ニュース

巣篭り消費が引き続きニュースになる中、一足早く正月のおせち料理が話題に。Oisixでの8月先行予約販売数は昨年比1.5倍と好調なスタートだったそうです。ネット販売には不向きと思われてきた商品カテゴリでも、このコロナ禍で一気に変化が加速。購入に臆してきた消費者がその利便性を実感したことはもちろん、販売業者の努力による味や品質の向上も後押ししていそうです。今後も未開拓だった商品カテゴリに対する消費者ニーズの高まりに注目です。

青山商事/8県10店舗に導入/EC連携の接客システム

引用元:日流ウェブ

9月4日、デジタルとリアルを融合した接客システム「デジタル・ラボ(デジラボ)」を、地方郊外を中心とした8県10店舗に導入すると発表。今回の増加により、「デジラボ」の導入店舗は、41店舗となるそうです。

通販・ECビジネスの課題は「既存の顧客の満足度の向上」が上昇、「新規客の獲得や集客方法」が下降傾向

通信販売事業関与者の実態調査、新型コロナウイルス感染症の流行下での2020年版「EC/通販事業者の意識」「テレワークなど業務形態の変化による業界情報の収集状況」「通販事業全般の課題」「困り事・悩み事」などを集計・分析した調査結だそうです。

〈住設EC企業〉 修繕・リノベーションの需要増/コロナ禍で受注増の事例多数

引用元:日流ウェブ

新型コロナウイルス感染拡大の中、住設機器と工事費のセット販売での需要が増加しているそうです。住設ECのライフワンは20年2ー8月度の売り上げが25%増で推移し、高山ガラスは上半期の売り上げが2倍、永野設備工業はリフォーム受注が上半期に2割増になったそうです。

「ゾゾタウン」に「ブルガリ」が期間限定店をオープン ビッグメゾンの出店が相次ぐ

引用元:WWD JAPAN

ブルガリは、9月4〜30日まで、ファッション通販サイト「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」に期間限定店をオープン。今年5月には、LVMH モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON)の傘下の「ロエベ(LOEWE)」や「ステラ マッカートニー(STELLA McCARTNEY)」もオープンしており、当初予想していた売上を大幅に上回り順調に推移していうたそうです。

バロックジャパン 20年3-5月期/EC売上21億円に/自社サイトは21%増

引用元:日流ウェブ

バロックジャパンリミテッドの20年3―5月期(第1四半期)のEC売上高は、前年同期比16.8%増の21億8900万円。新型コロナウイルスの感染拡大で店舗の営業を休止し、ECサイトの顧客が流入したことが増収要因だったそうです。

地域産品を応援するレコメンド型ECサイト「recoリコ」がオープン

引用元:通販通信

トラベルテックカンパニーのエスビージャパン(株)は8日、自社の地方創生ニュースサイト「みんなの観光協会」によるレコメンド型ECサービス「reco(リコ)」をオープン。おすすめの地域産品を一箱に3~5種類を詰め合わせ、数量限定BOXとして売り出すオリジナルEC企画だそうです。

コロナ禍、全世代でネットショッピングが増加傾向 テレワークでPCや周辺機器の購入も加速/FCCL調査

引用元:ECZine

ポータルサイト「My Cloud(マイクラウド)」にて、新型コロナウイルス感染拡大による行動と消費の変化についての調査を実施。調査の結果、6割のユーザーがパソコン利用時間が増加したと回答し、2時間以上増えた人も25%いたそうです。ニュースサイト、オンラインショッピング、動画配信サービスの利用機会が増加したものの、利用状況は世代差があるそうです。

JR東日本/新幹線物流を本格化/地方産品のEC販売も強化

引用元:日流ウェブ

JR東日本は9月3日、「新幹線物流」など列車を活用した物流サービスを拡大すると発表。地域連携を強化しながら、イベントなどにとどまらない定期的な食材などの輸送拡大に取り組む考えだそうです。

コロナ禍で化粧品の応援・支援型消費拡大 半数以上が未婚有職女性、経済回す意識強まる/アイスタイル調査

引用元:ECZine

アイスタイルは、運営するサービス@cosmeのプロデュースメンバーである、15~59歳の女性1,655名を対象に、コロナ禍における「応援・支援型消費」の化粧品分野における調査を実施。調査の結果、新型コロナウイルスの影響により化粧品購入頻度は減少、半数以上が「応援・支援型の化粧品購入経験あることが分かったそうです。

ティーライフ通期決算、売上高は過去最高の105億円・純利益73%増

引用元:通販通信

ティーライフ(株)が発表した2020年7月期(19年8月~20年7月)連結決算は、売上高が前期比13.9%増の105億7700万円、営業利益は同45.7%増の4億9600万円、純利益は同73.8%増の4億2000万円。テレビ通販でサプリ販売が大幅伸長したほか、ECモールでも販売が好調だったことが要因だそうです。

Oisix、8月のおせち注文が昨年1.5倍に 2021年おせちトレンドは「少人数向け」「複数買い」

引用元:ECzine

定番商品の先行受注を開始したOisixでの販売実績は昨年同期間に比べ1.5倍に。昨今の情勢から年末の帰省予定が立てられない家庭向けの、自宅用と実家用おせちのペア購入提案も好評だそうです。

グルメ通販サイト「食べログモール」の掲載店舗が50店突破

引用元:通販通信

お取り寄せグルメの通販サイト『食べログモール』が1日に、サイトオープンから約2か月で50店舗を超えたと発表。「The Tabelog Award」の受賞店や、「食べログ百名店」の選出店も新たに追加され、さらに充実したラインアップのお取り寄せ商品を購入できるようになったそうです。