goo Search Solutiongoo Search Solution

EC関連ニュース

2020.10.16

2020年10月5日週のEC関連ニュース

営利的、商業的と相反する「SDGs」「サステナブル」「トレーサビリティ」などのキーワードが多くの記事で見られた。物販を主に扱うことの多いEC業界においても、時代を反映した機能開発やサービスの提供が今後ますます求められてきそうだ。

Instagram、IGTVにショッピング機能を追加 今後リールでのテスト実装も開始予定

引用元:MarkeZine

ユーザーはIGTVで動画を視聴しながら、画面を数回タップするだけで価格や商品説明などの詳細情報を見ることができ、外部のECサイトに遷移して購入することが可能に。売り手であるビジネスやクリエイターは、コンテンツを通じて自身のストーリーを語るだけでなく、効果的に顧客にリーチし、商品を訴求することができるようになったそうです。

楽天が高級ブランドに特化した新ECサイトをスタート LVMH系の3ブランドが出店

引用元:WWD JAPAN

高級ブランドやデザイナーズブランドを集積した「楽天ファッション・ラグジュアリー(RAKUTEN FASHION LUXURY}」を開設。LVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン傘下の「マーク ジェイコブス」「フレッド」「ケンゾー」の3ブランドが出店、今後はコスメやアクセサリー、デザイナーズブランドを拡充していくそうです。

若い世代ほどアプリで購入、無料コンテンツなら広告配信にも好意的 Criteoが「コロナ禍におけるアプリユーザー動向調査レポート」を公表

引用元:ECのミカタ

調査の結果、回答者の3分の1は、自粛期間中、ショッヒ゜ンク゛アフ゜リの利用か゛増えたと回答。上の世代ほと゛無料アフ゜リを好み、Z世代とミレニアル世代はアフ゜リ内て゛商品を購入する傾向があったそうです。

阪急阪神百貨店がスタートした店頭販売のOMO化&デジタル戦略とは

店頭の商品を来店せずに購入できる独自のデジタル戦略を開始。阪急阪神百貨店の取り組みは「店頭商品のデジタル化」「One to Oneコミュニケーション」「デジタル決済」を実現し、店頭とオンラインを融合させる「OMO」の独自モデルと評されているそうです。

ニトリ2Q、巣ごもり需要で純利益35%増…EC売上は1.5倍に

引用元:通販通信

EC事業は、外出自粛要請の影響を受け、海外を含む店舗外売上として前年同期比56.4%増となる353億円と大きく伸長。ホームオフィス家具や家庭用品、整理収納清掃品、リビング用品などが大幅に伸び、「おうち時間」特集の継続掲載も奏功。ネット限定商品のダイニング3点セットやハイタイプの隙間収納が好評だったそうです。

ECやWEBサービスのログイン、52%のユーザーが「画像認証」で離脱

引用元:通販通信

「ネット通販でクレジットカード決済を利用する際の安心感」については、全体の61%(不安18%・やや不安43%)が不安を感じていることが判明。一般的と考えられているカード決済も、多くの人が不安を感じながら利用しているのが実態のようです。

ケーキ専門ECプラットフォーム『Cake.jp』の加盟洋菓子店が500店舗を突破

引用元:ECのミカタ

2017年1?よりサービスが開始された「Cake.jp」は、全国各地の洋菓?店と提携して?宅、レストラン、宿泊先、結婚式場、職場等どこへでも利用者が好みのケーキを届けている。3,000種類以上の商品をラインナップし、現在、会員数 40万?とケーキ・スイーツ市場で国内最?級のプラットフォームへと成長している。

19年BtoCネット通販市場規模、10兆360億円に

引用元:通販通信

ダントツ首位のアマゾンジャパン以外では、ヨドバシカメラやZOZO、アスクル、ビックカメラなどが上位に位置。ZOZO以外は幅広く商品を取扱う企業が並んでおり、多くの消費者はワンストップでできる買い物の利便性を日常生活で活用しているようです。

バロックジャパンリミテッドが自社EC内で生動画配信から商品購入までを完結するライブコマース

人気ファッションブランドのECサイト「SHEL’TTER WEB STORE」内にライブコマース配信ページを新たに設置。ライブ動画を視聴しながらECサイト内で商品を購入できるようになたそうです。

セブン&アイのEC売上(オムニ7)は3.4%増の520億円【2020年度中間期】

「セブンネットショッピング」が前年同期比4.8%増の105億2400万円、食品宅配の「セブンミール」は同3.9%増の119億5900万円、「イトーヨーカドー」は同57.4%増の39億2200万円、イトーヨーカドーの「ネットスーパー」は同8.2%減の186億7200万円だったそうです。

Francfranc、オンラインでのインテリア相談を導入 3Dシミュレーターを活用

引用元:ECzine

インテリアショップ『Francfranc』および『MODERN WORKS』で、 オンラインでのインテリア相談を導入。店舗と同様に悩みや不明点を気軽に相談し、インテリアのプロならではの適切な提案でインテリアを選ぶ楽しさやコーディネートの面白さを感じてほしいとの思いから、サービスを導入したそうです。

ユナイテッドアローズが始めた、自社EC内で生動画配信から商品購入までを完結するライブコマースとは

ライブ配信の閲覧から紹介商品の確認・購入までを「ユナイテッドアローズ オンラインストア」で一気通貫で展開。PCの場合は画面右、スマートフォンの場合は画面のスクロール先にライブ配信中の全商品を掲載しているそうです。