製品・機能

製品概要

goo search solutionはAIを活用したサイト内検索です。人手では実現できない、AIならではの自動最適を実現します。

選ばれる3つのポイント

関連機能

導入事例

導入事例

BtoB向けEC、アプリ、デジタルコンテンツ配信事業者まで、幅広くご利用いただいています。

人気のインタビュー

お問い合わせ

EC関連ニュース

2021.03.29

2021年3月22日週のEC関連ニュース

「ファンくる」が行った「ECサイトについての意識調査」によると、「キーワード検索で商品が見つからなかった経験」のある方のうち、半数以上が4回以下で検索を諦めていたという。検索エンジンの品質向上が、いかに売り上げに直結するかが明確になった調査結果だと言えそうです。

91%の人がネットショッピングサイトの口コミを参考 「ファンくる」がECサイトについての意識調査を実施

引用元:ECのミカタ

調査の結果、ECで商品を購入する際、69%が欲しい商品は決まっており、91%が口コミを参考にしているそうです。また、利用しているECサイトについて87%が満足である一方で、60%がキーワード検索で商品が見つからなかった経験あるそうです。

EC利用者の70%以上を占める“物言わぬ客”の離脱を防ぐ『KARAKURI rescue』の提供を開始

引用元:ECのミカタ

ECサイトやネット証券などのオンラインサービス利用時に、「ログインできない」「手続き方法がわからない」といった疑問・不満を抱くことで“利用を諦めてしまうカスタマー”の行動・傾向を予測し、購入までのスムーズな顧客体験を提供するサービスだそうです。

コロナ禍でアジア10都市の消費行動はどう変わった? ライブコマースの認知・利用&購買行動の変化【トランスコスモス調査】

「アジア10都市オンラインショッピング利用調査2021」は今回で4回目。時系列推移がわかる基本設問に加え、新型コロナウイルスによるショッピング行動や意識の変化についても分析したそうです。

商品購入後に動画でメイクサポートを行うコスメブランド「BeMe」立ち上げ メイクパレット4/9発売

引用元:ECzine

商品購入前に自分の目元の形状(アイタイプ)を選択すると、自分の顔立ちに合わせたメイク方法のレッスン動画が届く。 毎週届く動画を見ながら、 自分の手で実践することで学びながらメイクを楽しむことができるそうです。

「予期せぬ商品に出会える」。アダストリアがECサイト「.st」で始めたショートビデオ接客とは?

ショートビデオ接客はFANATICが提供するオンライン接客ツール「ザッピング」を導入して、実現。「予期せぬ商品に出会う」という店頭のような買い物体験を提供していくそうです。

ECでの「後払い決済額」は2022年に1兆3,500億円に[メルペイ調査]

引用元:ECのミカタ

商品の購入やサービスを利用する際に、普段使用している決済手段として23.3%が後払い決済サービスと回答し、約4人に1人が利用。また、新型コロナウイルス感染症拡大の前と現在を比べ、50.5%と過半数がキャッシュレス決済や後払い決済などを利用する頻度が増えたと回答したそうです。

アウトドア&スポーツが複合したオンラインショップ【APORITO ONLINE STORE】3月17日(水)OPEN

引用元:CLASSY.

RIZAP株式会社のグループ会社である株式会社ビーアンドディーと同グループ内のスポーツ小売事業のPOWER´Sが合同でアウトドアとスポーツを複合した新オンラインショップ「APORITO ONLINE STORE」をオープンさせた。本格的なアウトドアはもちろん、家族のほか、おひとりでアウトドアが楽しめるソロキャンプグッズの特集もあるそうです。

オルビスが店頭スタッフの知見をECサイトに活用、美容部員が商品を紹介する「Style Share」をスタート

オルビスは、バニッシュ・スタンダードが提供する「STAFF START」を導入。実店舗のビューティーアドバイザーがECサイト上でお気に入り商品を紹介する「Style Share」を始めたそうです。

ZOZOが開設したラグジュアリーブランド集積EC「ゾゾヴィラ」に編集長&若手記者が感じた熱量

引用元:WWD JAPAN

ロエベ」「クロエ」「ドリス ヴァン ノッテン」「ラフ・シモンズ」など、「ゾゾタウン」では扱いがなかった海外ブランドのラインアップ。国内外の約90ブランド、約1万4000品番を用意され、秋にはさらに数十ブランドが加わるそうです。

セラシオ、日本市場に本格参入へ 270億円をEコマース事業買収の初期投資額に設定

引用元:CNET Japan

⽶国のEコマースに特化した消費財企業、Thrasio(セラシオ)は海外事業拡⼤のため、東京都中央区銀座に全額出資の⼦会社「セラシオGK」を設⽴。同社はAmazonマーケットプレイス、楽天市場やYahoo!ショッピングなどのECマーケットプレイスで販売しているブランド事業を買収・育成・販売するために、第⼀段階として 270億円の資⾦を投じるそうです。