製品・機能

製品概要

goo search solutionはAIを活用したサイト内検索です。人手では実現できない、AIならではの自動最適を実現します。

選ばれる3つのポイント

関連機能

導入事例

導入事例

BtoB向けEC、アプリ、デジタルコンテンツ配信事業者まで、幅広くご利用いただいています。

人気のインタビュー

お問い合わせ

EC関連ニュース

2021.09.29

2021年9月20日週のEC関連ニュース

ユナイテッドアローズが10月よりスタートさせる「プライベートサービスデスク」。“富裕層向け”とあるが、実態はユナイテッドアローズのオンラインストアにおける「年間購入金額が高い顧客」のこと。顧客か未顧客かという単純な区分ではなく、顧客を細分化することで、より「上顧客」に「上顧客」ならでは特別な顧客体験を提案し、売上げに反映させる方策。顧客の奪い合いに陥りがちなECビジネスの今後が垣間見える取り組みにも思えます。

ユナイテッドアローズが富裕層向けサービスの拡充へ サービスデスクを開設しパーソナライズした接客を実施

引用元:MarkeZine

ユナイテッドアローズは2021年10月1日に「プライベートサービスデスク」を開設し、富裕層の顧客に向けた各種サービスを拡充する。「ユナイテッドアローズ オンラインストア」における年間購入金額が高い顧客に向け、コンシェルジュによる電話やチャットなどを使ったパーソナル対応を実施するそうです。

ZOZO/AR試着機能を提供/期間限定でテスト、実用化の可能性も

引用元:日流ウェブ

AR試着機能では、スマホのカメラを足にかざすだけで、シューズを擬似的に試着が可能に。足の向きや角度を自動認識し、足に合わせて高精度の3Dシューズモデルを表示。シューズの側面や裏側の形状、デザインまでも再現するため、実際に着用した際の雰囲気をイメージできるそうです。

日米とも約4割が「ホリデーシーズンの買い物をECで行う」 Sitecoreが2021年の年末商戦・消費動向に関する調査の日米結果を公表

引用元:ECのミカタ

調査の結果、「コロナ禍前の生活に戻った」が米国5割強、日本は1割強。ホリデーシーズンにおいて、日本の24%米国の36%が昨年よりも多くの支出を予定し、日米ともに約4割が買い物をオンラインで行う予定だそうです。

2021年上半期スポーツシューズ・アパレル市場、オンライン購入が前年同期比8.5%増/NPD調査

引用元:ECzine

調査の結果、スポーツシューズ・アパレル市場規模、2021年1月-6月は前年同期比4.3%増。また、オンライン市場は売上前年同期比8.5%増、2019年同期比では10.8%増だった。製品別に見ると、アパレルが前年同期比5.3%増と大きく成長したそうです。

食品EC市場は4兆円超規模に・2022年は要注意?【矢野経済研究所レポート】

引用元:ECのミカタ

2020年度の国内食品通販市場規模は、小売金額ベースで前年度比13.1%増の4兆3,057億円となり、初めて4兆円を突破。コロナ禍における外出自粛、外食を控えた内食化の広がり、巣ごもり需要などが発生し、食品通販市場は全体的に追い風になったそうです。

48%はSNSのレビュー内容・感想が購買行動に影響 有名人などからの影響も/Chocostory調査

引用元:ECzine

ギフティングによるSNSへのPR投稿サービス「#gift」を運営しているChocostoryが、購買行動とSNSの関係についてのオンラインアンケートを実施。SNSから得られる情報で商品購入の検討をしたことがあるのは66.8%で、商品購入検討時にSNSのハッシュタグで検索した人は41.2%だったそうです。

カシオが台湾の実店舗とECサイトに「STAFF START」を導入し、Web接客を実現

カシオは「ECサイトではG-SHOCKの魅力が伝わりにくい」という課題を抱えていたため、2021年7月に日本で「STAFF START」を導入。ECサイトを楽しい買い物体験ができる場にするため、課題解決に向け、利用方法や作り手のこだわり、コーディネートなどを発信。導入後、「G-SNAP」を閲覧した場合、閲覧していない時と比べて製品購入のCVRが3.8倍になったそうです。

食材のBtoB‐ECモールのMマート、中間売上が19%増 会員数は約18万社に

「Mマート」は食材を中としたにBtoB向けのECプラットフォームで、飲食店、ホテル・旅館、弁当、給食、食品加工、小売、通販、問屋などが顧客。コロナ禍で、買い手側の会員数が大幅に増加し、会員数は1年前より1万3000社増えて17万9000社となったそうです。

アルペン、ヒマラヤ、コメリなどが導入する「ネットで注文、店舗で受け取り」できるYahoo!ショッピング向け出品機能とは

実店舗で管理している商品在庫を検索・購入し、店舗で受け取れる「実店舗在庫サービス」への出品機能は、「PayPayモール」出店ストアに向けて提供中。「Yahoo!ショッピング」の出店ストア向けにも提供をスタートさせたそうです。

【140ブランド出展】D2C美容ブランドの体験型ストア「NewMe」開設 ECモールも同時オープン、OMOで発信

9月18日、日本初の美容に特化した体験型RaaSストア「NewMe」を福岡天神西通りにオープン。1階にはショールーム、パウダールームがあり、2階にはイベントスペース&シャンプー台、スタジオ、3階にはカフェがあり、体験から食まで美容を堪能できるそうです。

【人気インフルエンサーが仕入れた商品を販売】アパレルECサイト「BUYERS CREATE」開設

人気のインフルエンサーやモデルが「バイヤー」として、洋服の仕入れからスタイリング、販売までをすべてオンライン上で行うことのできるアパレルECプラットホーム。「PATRA」や「NUGU」など先行しているサービスと、どのように差別化していくのか、今度の展開に注目されています。

【調査】D2C関係者に聞いた「ブランドの世界観やストーリー」「商品開発」「サイト制作」「集客」の課題とは?

D2C関係者は商品のブランド世界観・ストーリー性による差別化の重要性は理解しているが、そもそも商品に世界観やストーリー性がないことに課題を感じていたそうです。また、どのようにブランドの世界観やストーリーを創ろうとしているかを聞いたところ「自社で顧客分析を実施」は67.4%だったそうです。