製品・機能

製品概要

goo search solutionはAIを活用したサイト内検索です。人手では実現できない、AIならではの自動最適を実現します。

選ばれる3つのポイント

関連機能

導入事例

導入事例

BtoB向けEC、アプリ、デジタルコンテンツ配信事業者まで、幅広くご利用いただいています。

人気のインタビュー

お問い合わせ

EC関連ニュース

2021.11.26

2021年11月15日週のEC関連ニュース

ネットスーパー「ダイエーネットスーパー」によるデジタル施策がニュースになった。過渡期にあるネットスーパー業界では、各社ともユーザー確保のため、さまざまな施策が図られています。品揃えやコスト、使い勝手の良さ、配送の良さなど、日進月歩の渦中に。ダイエーのほか、アマゾン、イオン、ラフ、楽天西友など、主要ネットスーパーの今後の動向が気になります。

ダイエー、EC刷新や食事管理アプリの対応店舗拡大 アプリ200万DL記念し、デジタル施策展開

ダイエーは3つのデジタル施策を推進しており、1つ目は11月18日に行ったECサイト「ダイエーオンラインマルシェ」の刷新、2つ目は食事管理アプリ「SIRU+」の利用可能店舗の拡大、3つ目は自社公式アプリの200万ダウンロード突破を記念したキャンペーンの実施だそうです。

2021年国内ホームファッション小売市場規模3兆3,570億円予測 デジタル接客貢献/矢野経済

引用元:ECzine

市場では、寝装寝具やタオルを中心として抗ウイルスなどの新型コロナウイルス感染対策商品が数多く商品展開されており、オンライン相談・接客という新しいスタイルでの対応も積極的に導入され、対面販売が難しいコロナ禍のデメリットを克服しつつあるそうです。

さらに強さを増すインスタ&Twitter、テレビ視聴もネットで【ヴァリューズ調査】

引用元:ECのミカタ

「Instagram」と「Twitter」は接触時間が増加し、コロナ禍でもアプリの利用時間は変化がなく、動画アプリのみが増加。既存のマスメディアが退潮する一方で、動画配信サービスやSNSが台頭する流れは、より一層進んでいるそうです。

TikTok映えがもたらす「TikTok売れ」の威力–書籍やチーズ、ブランドバッグまで

引用元:CNET Japan

日経トレンディの「2021年ヒット商品ベスト30」が発表され、1位にはTikTokで商品が売れる「TikTok売れ」が選出。地球グミ、筒井康隆著「残像に口紅を」、汐見夏衛著「花が咲く丘で、君とまた出会えたら。」など、TikTokによるヒット商品について紹介している。

ブラックフライデーの認知度は3年連続75%超でも、セール・イベントを実施しない企業が7割弱

引用元:ECのミカタ

ブラックフライデーを知っているか尋ねたところ、「知っている」と回答した人が75.1%にのぼった。昨年調査よりも1.4ポイント減少したものの、3年連続で75%を超え。年代別に見てみると、30代~50代では8割近い認知度となっているそうです。

バニッシュ・スタンダードが新オンライン接客サービス「LINE STAFF START」を本格提供開始

LINE公式アカウントを通じてユーザー1人ひとりに商品紹介などが可能に。店舗スタッフがユーザーに紹介したい商品を管理画面上で選び、簡単にレコメンドすることができ、店舗スタッフは商品を探す工数が削減され、より接客そのものに注力できるようになるそうです。

ZOZOと楽天、東京・大阪に実店舗 リアル空間でもしのぎ削る

引用元:WWD JAPAN

2大ファッション通販サイトが同時期に、大阪と東京でそれぞれリアル店舗をオープン。「楽天ファッション」は11日から、渋谷スクランブルスクエア5階に「楽天ファッション」に出店する30ブランドのアイテムを集積したショールーム型の期間限定店をオープン。一方「ゾゾタウン」を運営するZOZOも17日から、阪急うめだ本店9階に同社のD2Cブランドのアイテムを集積した期間限定店をオープンさせたそうです。

ぐるなびがBtoB-ECに本格参入、飲食店向け業務用食材・資材仕入れ専用のECサイト「ぐるなび仕入モール」を展開

「ぐるなび仕入モール」は食材や飲料、テイクアウト用の資材など、定番商材から付加価値の高い商材を取りそろえ、価格や生産地などで絞り込みができる仕入れに特化した機能を持つECサイト。食材受発注支援事業への本格参入を進めるため、「ぐるなび仕入モール」を新たにオープン。飲食店・サプライヤーの双方にとって新たな取引先の開拓に役立つ「マッチングサービス」を強化していくそうです。

「ZOZOTOWN」、新進気鋭6ブランドと初コラボ 24時間毎にアイテムが入れ替わる期間限定ショップを開設

「ZOZOTOWN」が今推したいブランドとコラボレーションし、24時間毎にスペシャルアイテムが入れ替わる特別企画「24HOURS SHOP」の第3弾をスタート。“Next Generation”をテーマに、Z世代を中心に人気の新進気鋭6ブランドとコラボレーションし、開催期間は11月28日までとなっているそうです。

2021クリスマスギフト商戦の世代別トレンドは?Pinterestが検索結果から分析

引用元:ECのミカタ

Pinterest ユーザーは例年、早くからクリスマスショッピングを始めますが、今年は、クリスマス関連の検索が8月時点ですでに、昨年に比べて43倍に増加。Pinterestユーザーはどの商品を購入するか決めていない検討段階からショッピングを始めるため、スモールビジネスのブランドはブランド認知を獲得するチャンスがあるそうです。

ECの最新「おせち」動向調査を公表【ポケットマルシェ調べ】

引用元:ECのミカタ

2021年10月の検索回数は前年同月比1.5倍となっていることから、今年の検索数は昨年を上回る可能性も。Googleトレンドの傾向より、ポケットマルシェ上でも「高級おせち」や、「手作りおせち」用の食材に注目が集まることが見込まれているそうです。